2018年03月12日

林業労働災害シミュレーターVR体験を行いました。


平成30年3月10日に盛岡広域森林組合青年部の勉強会で、林業労働災害のVR体験を行いました。

これは、かかり木・傾斜地での伐木等の実際にあった災害事例をVRで体験できるものです。どういった原因で事故が起きたのか?周囲の環境はどうだったのか?などを現場にいるような感覚で学ぶことが出来ます。

私も体験しましたが、木の倒れる様子・自分に向かってくる様子などとても臨場感がありました。

倒れてきた木を避けたり、木を跨いで歩いたり・・・

さらには空の様子や現場を見渡したときの風景など、外にいるような感覚になります。

労働災害の多い林業ですが、こういった労働災害体験は安全意識を高め、事故を少なくするためにも必要なものだと思います。


posted by 三田農林さん at 11:17| 森林経営