2017年10月30日

平成29年10月24日EVI環境マッチングイベント2017に参加しました

平成29年10月24日にカルネコ株式会社様主催のEVI環境マッチングイベント2017に参加してきました。

環境省の方による日本の脱炭素化社会への取り組み、国際金融アナリスト末吉竹二郎氏による金融機関の国際的な環境への取り組みを拝聴しました。

米国・欧州の環境問題への意識は高く、金融機関の投資基準にも企業のCO2排出削減への取り組みや、持続可能な企業活動をしているかが反映されているようです。

米国がパリ協定からの離脱を表明しても州・民間企業では地球温暖化対策を行い、金融機関は石炭関連企業から投資の引きあげをしています。


EVIでの取り組みの事例紹介もありました。

事例紹介をされた方々は自治体や民間など様々でしたが、排出権の購入により地球温暖化対策だけでなく地域活性化へとつながるような取り組みをされていました。

ブース出展では各団体の取り組みの内容だけでなく、木製品やアロマオイルなどの展示も行われていました。EVIに参加されている企業様は様々な製品を作っていらっしゃいます。「森のめぐみのおとりよせ」というページでお買い求めいただけます。自宅用・贈答用などでぜひお使いください。
DSC_1645.JPG

DSC_1644.JPG
posted by 三田農林さん at 17:15| Comment(0) | 森林経営

2017年10月03日

平成29年9月25日〜28日 北海道山林・牧場に行ってきました。

H29.9.25〜28にかけて北海道の当社所有の森林、牧場を見に行ってきました。
北海道の森林では広葉樹の間伐を行っています。今年も間伐を行い、良い広葉樹の丸太が出たようです。
DSC_1537.JPG
この山で出た広葉樹は製紙用のパルプの他にも、家具・フローリング・合板など幅広く使用されます。

DSC_1517.JPG

DSC_1520.JPG
牧場の牛です。成牛は近くで見ると大きく迫力があります。子牛は向こうから頭を近づけてきます。小さいうちはとても可愛いです。
posted by 三田農林さん at 17:09| Comment(0) | 日記

2017年09月19日

9月上旬 岩手県森林組合連合会丸太標準価格

一般素材県内各センター渡し標準価格(m3当たり)
樹種 長級 m  径級 cm  標準価格 円 今後の動向 
 スギ 4.00 10~16  7,500 → 
  3.65 18~28  11,000 ↑ 
  3.65 30上  11,500 ↑ 
  3.65 40上  12,000 → 
  3.00 14~18  10,800 ↑ 
  2.00 18上  6,500 → 
       
アカマツ  4.00 18~22  10,000 ↑ 
  4.00 24~28  10,000 ↑ 
  4.00 30上  11,000 ↑ 
  4.00 40上  12,000 ↑ 
  3.00 18~28  9,000 ↑ 
  3.00 30上  9,000 ↑ 
  2.20 40上  12,000 ↑ 
  2.00 18上  7,300 → 
         
カラマツ 4.00 14下  11,000 → 
  4.00 16~28 14,000 ↑ 
  4.00 30上  15,000 ↑ 
タグ:丸太価格
posted by 三田農林さん at 18:02| 森林経営

2017年09月07日

(有)杢創舎様の作業場を見学しました。


先日、杢創舎様にお邪魔した時に作業場や木材を見学させていただきました。

作業場では墨付けされた材を見せていただきました。この段階からどういう刻み加工を行うのか、どの場所に使うどんな材なのかが既に綿密に決まっています。
 杢創舎様では木材の加工を職人の手刻みで行っています。継ぎ手や仕口を手刻みされた材は数ミリ単位での加工が行われていました。現在は職人さんの手刻みによる加工はほとんどなくなってしまいましたが、伝統的な刻み加工をされた材は建築後に材が乾燥して収縮しても材と材がかみ合うようになるのでさらに強度を増すのだそうです。
 設計・加工段階からの職人さんの技術の高さを改めて拝見しました。

 他にも今後使用予定の柱や、広葉樹の天然の曲がりを生かした材を見せていただきました。
下の写真は栗ですがピンホール(虫食いによる穴)が入っています。日本ではこういった材は評価が低いのですが、海外では自然による1点ものの造作物ということで、最高級品なのだそうです。
 
国や時代により人の評価が変われば求められるモノも変わってくるということを考えることができました。

タグ:住宅
posted by 三田農林さん at 14:46| 森林経営

2017年05月02日

農場の春

posted by 三田農林さん at 16:23| 果樹生産