2017年09月07日

(有)杢創舎様の作業場を見学しました。


先日、杢創舎様にお邪魔した時に作業場や木材を見学させていただきました。

作業場では墨付けされた材を見せていただきました。この段階からどういう刻み加工を行うのか、どの場所に使うどんな材なのかが既に綿密に決まっています。
 杢創舎様では木材の加工を職人の手刻みで行っています。継ぎ手や仕口を手刻みされた材は数ミリ単位での加工が行われていました。現在は職人さんの手刻みによる加工はほとんどなくなってしまいましたが、伝統的な刻み加工をされた材は建築後に材が乾燥して収縮しても材と材がかみ合うようになるのでさらに強度を増すのだそうです。
 設計・加工段階からの職人さんの技術の高さを改めて拝見しました。

 他にも今後使用予定の柱や、広葉樹の天然の曲がりを生かした材を見せていただきました。
下の写真は栗ですがピンホール(虫食いによる穴)が入っています。日本ではこういった材は評価が低いのですが、海外では自然による1点ものの造作物ということで、最高級品なのだそうです。
 
国や時代により人の評価が変われば求められるモノも変わってくるということを考えることができました。

タグ:住宅
posted by 三田農林さん at 14:46| 森林経営

2017年05月02日

農場の春

posted by 三田農林さん at 16:23| 果樹生産

2017年04月07日

月刊Be-job Free岩手版のCO2は排出権で削減しています。




盛岡市の総合広告社様が発行する月刊Be-job Free岩手版の製造過程で出るCO2の一部は、弊社の排出権で削減しています。

総合広告社様はフリーペーパーや情報誌の出版、CM企画制作、ハシゴ酒などのイベント企画等、様々な事業で地域に貢献していますが、この度CO2削減の取組みも始めました。

排出権の代金は森林整備に使い、さらにCO2を吸収します。 
posted by 三田農林さん at 15:41| 森林経営

2017年02月27日

ENEX2017に行ってきました。

平成29年2月17日に行われたENEX2017に行き、J-クレジット制度事務局のブースでの情報交換や、カーボン・オフセットの事例紹介を聴いて来ました。

中標津町様、安藤・間様、キャノン様とそれぞれに特色のあるクレジットの販売方法、カーボン・オフセットの方法がありました。

導入するだけでカーボン・オフセットが行えるキャノンの複合機等、仕組みをしっかり作ったカーボン・オフセットの方法を拝見してきました。


当社でも今年J-クレジットを取得する予定があります。特に森林吸収によるJ-クレジットは、イベントや製品をカーボン・オフセットしつつ、森づくりへの支援も行えるという付加価値を付けることが出来ます。

イベントを他とは違う特色のあるものにしたい!という方、森林に優しいイベントにするのはいかがでしょうか?

岩手県の森林吸収により創出されたJ-クレジットをご用命の方、ご連絡をお待ちしております。
posted by 三田農林さん at 13:27| その他

2017年02月06日

2月10日にちひろ菓子工房様がオープンします。



ケーキの宅配で皆様に愛されていた、ちひろ菓子工房様の店舗が2月10日にグランドオープンします。

この店舗は盛岡市上田にある弊社の貸家をリノベーションした物件です。今までは宅配専門のちひろ菓子工房様ですが、カフェスペースを作り、内装・テーブル等に木を使いおしゃれで可愛いお店でケーキを食べることが出来るようになりました。

場所は盛岡市上田のおいかわ内科クリニック様の道路を挟んで向かい側となります。
皆様のお越しをお待ちしております。
posted by 三田農林さん at 16:29| 不動産